HOME > 紫光学苑活動ギャラリー:各種祭典 > 萬霊供養大祖霊祭霊名簿のごあんない

萬霊供養大祖霊祭霊名簿のごあんない

「萬霊供養大祖霊祭例名簿の趣意書(全文)」

 紫光学苑では、毎年8月に「大祖霊祭」といわれる御先祖様のための大祭が行われております。この大祭において、天地一切のものの親であり主宰者であられる御親大神様の御神前にお供えされ、誠心こめてお祈りをされるのがこの霊名簿なのであります。

 紫光学苑では、日常生活の中において霊魂不滅の真理を体験させていただき、祖霊の浄化と救いの必要を痛感させていただいておりますので、決して、習慣的、形式的な祭典ではなく、真剣そのものの、熱烈な祈りがなされるのであります。

 あなたが、あなたの御先祖様や親しい人たちで故人になられた方のお名前を、この霊名簿にご記入いただきますならば、大祖霊祭の祭典におきまして、紫光学苑の苑主をはじめ、参拝者の全員が、真心をこめて御供養と浄化救済の祈念をこめさせていただきます。

 さらに、この霊名簿は、来年の大祖霊祭の日までの向う一カ年間、紫光学苑本部の御神前にお供えされて、毎日朝夕のお祈りをお受けになられるのであります。

 私たちは、お互いの人生のうえに希望と歓びがあり、一人一人が健康で幸福でありたいと心から願っております。それにつけても、草木は、その根を養うことによって栄えるという例えのごとく、私たち子孫にとっては根にあたる御先祖様の霊に、感謝のまことを捧げ、その御霊の浄化と救いを祈るということはまことに大切なことであります。この大切な行に、すすんでご参加していただくことを心からお願いいたします。

 自分の家の御先祖様はもとよりですが、奥さんでしたら実家の方の御先祖様も書かれることをおすすめいたします。やむなく中絶した水子の霊などはお忘れにならないで下さい。また、時おりに思い出し、心にかかっている友人、知人の霊なども、その名前を書いてあげることは、きっと、あなたにとっても大きな喜びにつながってまいります。

 あなたに縁のある数多の御霊を、この機会に思い出していただいて、ここに心をこめた供養をさせていただきましょう。

 なお、今年の夏の大祭、大祖霊祭には、ぜひご参拝下さいますよう、お待ち致しております。