■スプリングスクール -静岡研修所サン・ケセラにて-
 3月29日(金)〜31日(日)
春休みに、小学生高学年から新高校1年生までが「生徒」として、新高校2年生以上が「エルダー(生徒のお世話をする人)」として行う、子供向けの研修会。
様々なレクリエーションのほか、躾や感謝の心といった、普段学校では学べない事を学びます。
毎年300人を越える子ども達が参加しており、過去30回以上開催されています。
 なお、子供たちのお世話をするボランティア(エルダーと呼ぶ)は、スプリングスクール2日前から始める「エルダー研修」へ必ずご参加ください。

スプリングスクールの様子はこちらから


■サマースクール 紫光学苑御本部にて
 8月中
夏休みに、小学生が「生徒」として、中学生以上が「エルダー(生徒のお世話をする人)」として行う、子供向けの研修会。
様々なレクリエーションのほか、躾や感謝の心といった、普段学校では学べない事を学びます。
毎年300人を越える子ども達が参加しており、過去30回以上開催されています。
 なお、子供たちのお世話をするボランティア(エルダーと呼ぶ)は、サマースクール3日前から始める「エルダー研修」へ必ずご参加ください。

 サマースクールの様子はこちらから

エルダーとは、いわば生徒である小学生にとっての良きお兄さん、お姉さんを目指すボランティア。参加される大学生には将来教育関係を志望する青年もあり、事前に参加する研修によって、青年たちはボランティアリーダーとしての心構えや使命感などを肌身で学び、サマースクール本番に情熱をもって臨むことができるのです。
エルダーを経験した多くの人たちが現在は社会で活躍し、また家庭をもち、子育てにと奮闘しています。そして、困難にぶつかった時にここで学んだことを思い出し、感謝や挑戦する心を呼び起こしています。